先祖探しに関する掲示板です 先祖探しの疑問、質問、こんな経験しました!! こんな時はどうすればいいのでしょうか? など活発に意見交換しましょう! ホームページはこちら→https://gosenzo.net/se/ ツイッターはこちら→https://twitter.com/gosenzo2

先祖探し掲示板

392748
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

サイト更新しました 管理人 URL

2022/05/29 (Sun) 23:06:42

【先祖探し】書類での情報収集【5選】

https://gosenzo.net/se/2022/05/29/%e3%80%90%e5%85%88%e7%a5%96%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%80%91%e6%9b%b8%e9%a1%9e%e3%81%a7%e3%81%ae%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%8e%e9%9b%86%e3%80%905%e9%81%b8%e3%80%91/


自宅にいながらでもある程度先祖探しが出来ます。

まずは書類をゲットしましょう!!!

サイト更新しました 管理人 URL

2022/05/29 (Sun) 13:17:13

サイト更新しました。

【一番重要】先祖探しは共感力【情報入手】

https://gosenzo.net/se/2022/05/28/%e3%80%90%e4%b8%80%e7%95%aa%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%80%91%e5%85%88%e7%a5%96%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%81%af%e5%85%b1%e6%84%9f%e5%8a%9b%e3%80%90%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%85%a5%e6%89%8b%e3%80%91/

先祖探しは相手のあることです。

自分の都合ばかりだと進展しません。
逆に共感力があれば大きく進展する場合があります。

難しいことではありませんのでちょっとだけ心にとめておきましょう!!

サイト更新しました 管理人 URL

2022/05/28 (Sat) 18:05:09

サイト更新しました。

【先祖探し】国立国会図書館デジタルコレクション【情報収集】

https://gosenzo.net/se/2022/05/28/%e3%80%90%e5%85%88%e7%a5%96%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%80%91%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e9%a4%a8%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7/

登録のプロセスを説明しています。

印刷出来ればいいのですが、来年になりそうですね。

著作権のあるものは閲覧できないようです。

それでも今まで見られなかったものが見られます!

サイト更新しました 管理人 URL

2022/05/25 (Wed) 06:38:30

サイト更新しました。

初夏の先祖探しメリット5選

https://gosenzo.net/se/2022/05/24/%e5%88%9d%e5%a4%8f%e3%81%ae%e5%85%88%e7%a5%96%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%885%e9%81%b8/

先祖探しをするにはいい季節になりました。

この時期が一番人に会える確率が高まります。
特に田舎の方は田植えが一服する時がチャンスになります。

サイト更新しました 管理人 URL

2022/05/23 (Mon) 07:13:41

サイト更新しました。

【番地】【番屋敷】明治19年戸籍での地番表記【番戸】【番邸】


https://gosenzo.net/se/2022/05/22/%e3%80%90%e7%95%aa%e5%9c%b0%e3%80%91%e3%80%90%e7%95%aa%e5%b1%8b%e6%95%b7%e3%80%91%e6%98%8e%e6%b2%bb19%e5%b9%b4%e6%88%b8%e7%b1%8d%e3%81%a7%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%95%aa%e8%a1%a8%e8%a8%98%e3%80%90%e7%95%aa/

以前ツイッターの方の集合知で完成させた日本全国の明治19年版の地番表記です。

まだ日本国の制度が未完成な時だったのかもしれません。

夫婦墓の日付 - ぽり

2022/05/18 (Wed) 01:27:10

こんにちは、初めてお邪魔いたします。
家族歴史探求をしています。
実家の古いお墓の情報をデータ化しているのですが、男女の戒名が並んでいる墓石の側面に記されている日付が一つしかない場合があります。
夫の没年月日か、先に亡くなられた方の没年月日か、わからないのですが決まりのようなものはあるのでしょうか。

お墓についてのサイトをいろいろ探してみましたが見つけられませんでした。

どなたかお分かりになる方がいましたら、教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Re: 夫婦墓の日付 管理人 URL

2022/05/18 (Wed) 21:56:01

断定はできませんが、例えば一緒に入っている場合が右だ男性左が女性だと思います。

墓の右側面の場合は男性の没年で左側面の場合は女性の場合ではないでしょうか?

旧土地台帳について - みなきち

2022/04/29 (Fri) 09:19:26

はじめまして。
家系図を作ろうとご先祖さまについて調べています。
曽祖父の戸籍に「~県~郡~村 戸主 高祖父の名前 4男にて分家す」と記載があります。
高祖父の戸籍は既に破棄されてしまいました。
旧土地台帳を取得するために法務局に問い合わせたところ番地がないので探せないと言われました。
番地を調べるなにか良い手はないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: 旧土地台帳について - 安兵衞

2022/04/29 (Fri) 13:16:45

村名が現在も大字として残っていれば、電話帳や住宅地図で該当エリアから該当氏を全て拾い出し、全て申請してみます。

該当の家が現在も同じ場所に存在するとは限りませんので、使用する電話帳等は古いものほどよいことになります。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/04/29 (Fri) 14:10:44

安兵衞さま

ご回答ありがとうございます。
合併などでA村→B村→C市に変わった場合でも
現在の同姓がいるC市??番地で申請すればA村時代のことも記載されている
旧土地台帳が頂けるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: 旧土地台帳について - 安兵衞

2022/04/29 (Fri) 15:51:08

合併により市町村名が変わっても、大字や地番号さえ変わっていなければ大丈夫です。

また、どうせ申請するならば一つの地番号につき全枝番を申請することをお勧めします。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/04/29 (Fri) 17:14:04

安兵衞さま

私の知識が乏しいので。。地名を書きます。
知りたい高祖父の手掛かり新潟県中蒲原郡津島村。
現在では新潟県新潟市秋葉区です。
いろいろ調べて秋葉区の中でも古津と言う所のような気がしています。
秋葉区古津の同姓の住所を調べて申請すればいいのでしょうか?
全枝番というのがよく分かりません。

よろしくお願いいたします。

Re: 旧土地台帳について - 安兵衞

2022/04/29 (Fri) 18:37:36

現在は住居表示が施行されている地域ということになりますね。津島という大字も消滅しているということでしょうか。

角川日本地名大辞典やWikipedia等を調べてみて津島が現在の古津に相当するという前提で、私が用いた方法を説明します。

住居表示とは市街地での住所表示の一方法で、地番号を用いた住所表示とは別物です。「古津●丁目●番●号」のように表示されていることと思います。この表示に地番号は含まれていません。

まず電話帳等で古津地区から該当氏の家の住居表示を全て拾い出します。そして区役所の区民課や税務関係部署に対し、各住居表示に対応する地番号を照会依頼します。

但し都市部の場合ですと、地番号が変わってしまっていて先祖の地番号を特定することができない可能性もあります。

全枝番とは、一筆の土地を分筆した場合「●番の1」「●番の2」…のように追番号が付される訳ですが、それら全てを請求するという意味です。「●番の全枝番が欲しい」のように付記すればいいでしょう。また、単に「●番」で申請しても、分筆されていれば、黙っていても全枝番が送付されてくると思います。

私の先祖の場合殆どが田舎なので、この手の調査はあまり経験豊富とは言えません。他の方のコメントも期待してみましょう。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/04/30 (Sat) 09:38:02

安兵衞さま
ありがとうございます。なんとなくイメージがつきました。
秋葉区古津の同姓の住所はいくつか調べているのですが、
すべて秋葉区古津xxxxやxxx-xだったりします。
丁目はないように思えるのですが、まずは地番号照会から行おうと思います。

Re: 旧土地台帳について - 安兵衞

2022/04/30 (Sat) 12:34:40

政令指定都市なのでてっきり住居表示施行区域かと思い込んでいましたが、おっしゃるような表示だとするとそれは地番号を用いた住所表示みたいですね。区役所で住居表示施行区域なのか確認してからでもいいですし、「古津●●番」で申請してみてもいいかもしれません。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/05/12 (Thu) 20:07:14

現住所の古津●●番で複数申請したところ合致した名前がありました!
同姓同名の別人かもしてませんがものすごくうれしいものですね。

3点ほど質問させていください。

①年号に何か文字が書かれていますが何でしょうか?
②文字が薄れていますが何と書かれているのでしょうか?「所有権??」
③農林省が買収をしているようですが戦争かなにかの影響でしょうか?申請した他の番地にも多く見られます。

よろしくお願いいたします。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/05/12 (Thu) 20:09:52

すみません。画像を再度UPします。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/05/12 (Thu) 21:25:49

①は大正であってますか?

Re: 旧土地台帳について - 安兵衞

2022/05/13 (Fri) 07:58:27

① 「大正」と訂正したものです。

② 「所有権移轉」です。登記目的の一種です。これに対して「相続」「売買」などは登記原因と呼ばれます。「相続を原因とする所有権移転の登記」のように表現します。
本来、事故欄・事由欄には登記目的を記載するべきものとされていますが、実際には登記原因が記載されている場合が多いです。先祖調査をする者にとっては、登記原因が記載されている方が具合がいい訳です。

③ 画像からは地目や沿革欄の記載が判らないので断定はできませんが、戦後の農地改革の一環で国が地主から農地を買収して、小作人に売渡したことを示しているのではないでしょうか。

Re: 旧土地台帳について - みなきち

2022/05/14 (Sat) 13:54:54

安兵衞さま
ご回答ありがとうございます。
②「所有権移轉」の所有主氏名だけ別姓になっているのが気になりますが、とりあえずお手紙を出してみようと思います。

戸籍にある地名の下の干支の意味 - 博之丞

2022/04/29 (Fri) 15:37:07

こんにちは。

旧新潟県村松町(現 新潟県五泉市)に関係する戸籍をいくつか見ているのですが、地名の下に「戌」とか「丙戌」のような干支が書かれているのを見つけました。(ファイルをご覧ください)

この干支の意味がよく分からないのですが、方向に関する何らかの情報が含まれているのか、単なる分類のために干支が使われたのか、そのどちらかではないかと想像しています。もしご存じの方があれば、ご教示いただけると幸いです。

また、このように干支が書かれているのが村松町だけのことなのか、全国的に見れることなのか、ということも知りたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 戸籍にある地名の下の干支の意味 - 安兵衞

2022/04/29 (Fri) 16:06:57

支号(しごう)と言って、枝番の一種と思われます。私の先祖の本籍(住所)表示では甲乙などが見られます。因みに新潟県ではありません。

右の画像は屋敷番表示に見えますね。同じ趣旨のものかもしれませんが、そちらについては何とも言えません。

Re: 戸籍にある地名の下の干支の意味 - 博之丞

2022/04/29 (Fri) 17:06:41

安兵衛さま、

早速どうもありがとうございます。

左の方は「乙 二八壱番地 戌」、右の方は
「戸ノ百七拾九番」丙戌 
と書いてあるように読めます。
安兵衛さまの言われる「甲、乙」は左の方で最初の文字に相当するものではないかと思います。

Re: 戸籍にある地名の下の干支の意味 - 安兵衞

2022/04/29 (Fri) 18:58:30

画像は本籍欄外の記載ですかね。屋敷番表示に対応する地番号表示を記載したものか何か…。

左側の番地の上の「乙」は小字かもしれません。私の先祖の地は現在でも県内全域でこのような小字表記が見られます。「甲乙丙」「子丑寅」「イロハ」或いは数字など様々なものがあります。他県ではあまり例がなく、県外の人はよく不思議に思うそうです。

元々は固有の小字名だったのですが、地租改正の時に当時の県令が区画整理して人為的に付けたらしいです。しかも小字ごとに1から地番号を付した為に、現在でも住所表示に欠かせなくなっています。

Re: 戸籍にある地名の下の干支の意味 - 博之丞

2022/04/29 (Fri) 20:15:40

安兵衛さま、

コメントどうもありがとうございます。

はい、画像は本籍欄外の記載となります。
村松では、明治になって、武士町を乙、それ以外を甲と区分したようです。左側の「乙」は武士町を表すものと思われます。

戸籍記載の届け出について - いんでぃ

2022/04/15 (Fri) 15:53:39

私の曽祖父が大正2年に転籍したと書いてありますが、それ以前に結婚や養子縁組などをした届け出を転籍先の役場に「発送」と書かれていました。
転籍届け日の前から転籍先に住んでいたという解釈で良いでしょうか?
また、発送での届け出というのは、転籍前の地から転籍先の役場に届け出たということでしょうか?

Re: 戸籍記載の届け出について - 安兵衞

2022/04/15 (Fri) 20:11:18

養子縁組届は養親の本籍地または所在地の市町村長に対して(明治31年戸籍法第90条・大正3年戸籍法第92条)、婚姻届は夫(入夫婚姻および壻養子縁組は妻)の本籍地または所在地の市町村長に対して(明治31年戸籍法第104条・大正3年戸籍法第101条)、なすこととされています。まずはこの規定を拠り所に、戸籍の記載をもう一度読んでみて下さい。

「発送」というのは恐らく所在地の市町村長が届出を受理し、本籍地の市町村長に届書を発送したことを指しているのだと思います(明治31年戸籍法第35条・大正3年戸籍法第32条)。

旧土地台帳に書かれている相続とは? - いんでぃ

2020/10/09 (Fri) 09:16:43

私の高祖父の兄(A)が本家なので、旧土地台帳でAが記載された土地を探しました。
一番最初に「明治3●年 家督相続によりAが所有者となる。」みたいに書かれていて(Aの父親の名前は記載なし(戸籍には父親の名前は記載あり))、
家督相続によりB、相続によりCと所有権が相続されたらしく、
その土地の現在の所有者を法務局の登記簿で調べたところ、Cの息子であるDが家督相続をしたと書かれており、Dに手紙を出すと、他界したDの息子であるEから返信が来ました!
しかし、手紙にはAを知らないと書かれていました。
ちなみに、その土地の隣の家にはAの分家(Aの姪が嫁に行った家)の子孫Fが現在住んでいますが、EはFと自分との関係を知らないと書かれています。
「相続」と書かれているので、「EはAの子孫」「EとFは親戚」だと思っていたのですが、違うのでしょうか?


なお、A~Fは全て同じ苗字です。

追記 - いんでぃ

2020/10/09 (Fri) 09:24:50

Fの仏壇に記載された戒名の人と、我が家の一番古い戒名の人と同一人物です。

Re: 旧土地台帳に書かれている相続とは? - 安兵衞

2020/10/11 (Sun) 18:43:35

EがAのことやFとの関係を知らないというのは単に家系に興味がないだけなのかもしれませんし、むしろそれが一般的な感覚です。

土地台帳や登記簿は身分関係 (家族・親族関係や相続関係のこと) を登録・公証するものではありませんので、例えばAからBに家督相続されているからといって、ABが親子関係だと断定することはできません。

相続には順位というものがあり、先順位の相続人がいないときに後順位の相続人に相続権が回ってきます。最終的には他人が家督相続人になることもあります (旧民法第985条)。他人であっても家督相続した家の氏を称し (同第746条)、祭祀を継承します (同第987条)。

安兵衞 様 - いんでぃ

2020/10/12 (Mon) 13:20:06

ありがとうございます。
他人であっても家督相続人になるというのは知らなかったです!
確かに、A所有の土地が数十件もあり(Aは土地をたくさん持っていたらしいです)、旧土地台帳には戸籍から作った家系図には載って来ない色々な登場人物が出てきました。

また、この地では120軒の内、同姓が80軒もあります。それぞれを辿って行けば、遠い昔(平安初期とか)の御先祖様が同じ人に辿り着くのでは?と思っていましたが、関係ない家もあるのかもしれませんね・・・

Re: 旧土地台帳に書かれている相続とは? - ★

2021/05/23 (Sun) 16:54:12

A、B、Cの三者の血縁関係について教えてください
C-D-E の関係は理解しました

単純に昔のことをご存じない場合も
多々あると思います

みなさん、そんなに暇じゃないってことですかね

★さん - いんでぃ

2022/04/15 (Fri) 15:41:48

ABCの関係は不明です。
明治19年式戸籍ではAは既に亡くなっており、Aの長男(AA)が戸主となっています。私の高祖父がAの弟なので、叔父として同じ戸籍に載っていました。
その戸籍にはBとCの記載はありませんでしたが、AAが相続した土地の旧土地台帳に、“家督相続”でBが取得したことと、それをまたCが相続したことが書かれていましたので、Bとおそらくその息子のCがAと関係のある家なのではないかと思ったのです。
もしそうだとすれば、私が知りたいA(私の家の総本家)より上のご先祖様の話が伺えると思いました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.